フリーライターAさんの裁判を支援する会

すべてのハラスメントにNO!性暴力と嫌がらせ、報酬不払いを許さない! 勇気をもって声をあげたAさんの裁判を支援する会です。出版ネッツ(http://union-nets.org/)のメンバーが運営しています。

「Aさんを支援する会(略称)」結成集会が開催されました

f:id:withyou_nets:20201113112126j:plain

 2020年11月6日、「性暴力と嫌がらせ、不払いを許さない、フリーライターAさんの裁判を支援する集会」が東京・文京区の文京シビックセンターにて開催されました。新型コロナウイルスの影響による人数制限で、第2会場として出版労連の会議室、出版ネッツ関西支部からの参加者をリモートでつなぎ、合計65名の参加がありました。この数字を見れば、Aさんの裁判がいかに注目されているのかがわかります。

 集会は、出版労連委員長の酒井かをりさんのあいさつから始まり、出版ネッツ執行委員の杉村和美さんの事件概要報告、長谷川悠美弁護士・青龍美和子弁護士の裁判状況報告、支援する各団体から7名の方のリレートーク、Aさんのインタビューがあり、出版ネッツ委員長の浜田秀一さんの閉会あいさつの後、支援する会の結成総会と続きました。

 事件の概要は、原告Aさんがエステティックサロンの経営者である被告C氏から同社のHPに掲載する体験記事の執筆依頼を受け、その施術を受けた際に悪質なセクハラ行為があり、さらに怒鳴る、恫喝するなどのパワハラ、報酬の不払いがあったというもの。Aさんから相談を受けた出版ネッツがC氏と団交するも埒があかず、交渉はいったん中断。未払い報酬と慰謝料を請求する提訴に至りましたが、第1回、第2回口頭弁論でもC氏は「セクハラ・パワハラはなかった」「契約はしていない」としてAさんの訴えを全否定しています。

 集会では、吉永磨美(MIC議長・新聞労連委員長)、今城啓子(出版女性会議議長)、嘉納泉(出版ネッツ関西支部)、森崎めぐみ日本俳優連合)、渡辺佳一(出版労連組織・争議対策部)、林美子(メディアで働く女性ネットワーク)、谷恵子(女性ユニオン東京)の各氏によるリレートークが行われ、この事件への憤りとともに、裁判を起こしたAさんの勇気に共感する言葉が述べられました。

 Aさんへのインタビューでは「当初は報酬を取り戻そうという気持ちと、怒りのパワーがあったが、実際に裁判を起こしてみると想像以上につらく、被告の準備書面を読むだけで二次被害に近いものを感じる。けれども、支援してくださる皆さんのためにも体調管理をしっかり行い、がんばってやっていこうと思います」と現在の心境を語ってくれました。

 最後に「支援する会」の結成が満場一致で承認され、会長に選任された出版労連の小日向芳子さんが「この問題の理解を世間に広げていくために、600名の会員を集めることを目標にしたい」と宣言。会場から大きな拍手が送られました。私も微力ながら、裁判の支援、性差別の根絶に取り組んでいこうと思います。
 今後とも、皆様の応援、ご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

(ライター・佐久間真弓

 

f:id:withyou_nets:20210205102718p:plain