フリーライターAさんの裁判を支援する会

すべてのハラスメントにNO!性暴力と嫌がらせ、報酬不払いを許さない! 勇気をもって声をあげたAさんの裁判を支援する会です。出版ネッツのメンバーが運営しています。

活動のご報告

フリーライターAさんの裁判が「労働弁護団賞」受賞!

日本労働弁護団総会では毎年、その年の意義のある判決や労働委員会命令について「労働弁護団賞」という賞を贈っています。 今年は本件、フリーライターAさんの裁判(「アムールほか事件」)が受賞しました! 授賞理由は、フリーランスへの安全配慮義務を認め…

シンポジウム開催のお知らせ 「2つの性暴力裁判 勝利確定への道のり」

今年5月、フリーライターAさんの裁判と時を同じくして、長崎市でメディア業界で働く女性の性暴力裁判が勝訴確定しました。 新聞労連と出版労連が支援したこれらの裁判は、組合員である原告へのバッシング防止のために匿名性を守りました。 闘いを振り返りな…

控訴の提起はされず、判決が確定しました

<ご報告> フリーライターA さんのセクハラ・パワハラ・報酬不払い裁判で、5月25日東京地裁が下した判決について、6月14日時点で被告は控訴をしていないことがわかりました。 これで、報酬の支払いおよび被告代表者の不法行為と被告会社の安全配慮義務違反…

勝訴しました! 東京地方裁判所判決にあたっての声明

2020年7月13日に提訴して始まったフリーライターのAさんの裁判は、2022年5月25日に東京地方裁判所の判決が示され、報酬の未払いとハラスメントへの損害賠償のいずれも認められました。 セクハラの被害者心理にも言及されたうえで、被害者(原告)の供述の信…

フリーライターAさんの裁判 判決報告集会のお知らせ

フリーライターAさんのセクハラ・パワハラ・報酬不払い裁判 判決報告集会のお知らせ 1年半にわたって争われてきたAさんの裁判が、5月25日、判決を迎えます。 5月26日には、判決報告集会(オンライン)を開きますので、ぜひご参加ください。 ■判決の言い渡し …

皆様からいただいた署名を東京地方裁判所に届けました

フリーライターAさんが起こした裁判で「公正な判決を求める」オンライン署名をしてくださったみなさま、そのご協力に感謝申し上げます。 3月30日16時30分に、みなさまのお名前を一覧とした署名用紙(オンライン署名分623通、団体署名分163通)を東京地方裁判…

性暴力と嫌がらせ、報酬不払いを許さない!オンライン署名にご協力をお願いします

性暴力・未払い裁判への裁判官の公正な判決を求める署名にご協力をお願いします! フリーライターAさんが、報酬とハラスメントに対する慰謝料の支払いを求めて東京地方裁判所に起こした裁判は、10回の口頭弁論を重ねて2月16日に結審。5月25日に判決が下されま…

最終口頭弁論 傍聴記 Aさん、ここまで本当にお疲れさまでした

報酬不払いとセクハラ・パワハラの損害賠償を求める裁判が2022年2月16日、結審した。当日東京地裁には25人の支援者が集結したが、コロナ禍「第6波」の渦中であり、前回26席だった傍聴席は16席に減らされた。 13時10分、予定より5分ほど早く開廷。書証のやり…

最終口頭弁論でのAさんの言葉を紹介します

2022年2月16日、東京地裁にて、フリーライターAさんの最終口頭弁論が行われました。 通常、口頭弁論では書面のやり取りがなされるだけですが、Aさんの希望もあって本人の口から、公正な判決を求める意見陳述が読み上げられました。 Aさんの言葉をそのまま紹…

証人尋問傍聴記(第10回)最後まで向き合ったAさんに、何度でも拍手を送りたい

2021年11月17日、10回目の裁判期日を迎えたこの日、原告と被告の尋問が行われた。わずか7か月の間に何が起こったのか。Aさんと被告の証言をもとに、ライターの松本浩美さんが概略を描いた。 ◆最後まで向き合ったAさんに、何度でも拍手を送りたい 証言を聞い…

証人尋問傍聴記(第9回)怒涛の一日を振り返って

2021年11月17日、10回目の裁判期日を迎えたこの日、原告と被告の尋問が行われた。わずか7か月の間に何が起こったのか。Aさんと被告の証言をもとに、ライターの松本浩美さんが概略を描いた。 ●集会……怒涛の一日を振り返って 閉廷後、裁判所隣の弁護士会館で、…

証人尋問傍聴記(第8回)被告の反対尋問、質問に答えず裁判長から何度も注意〜時に饒舌に

2021年11月17日、10回目の裁判期日を迎えたこの日、原告と被告の尋問が行われた。わずか7か月の間に何が起こったのか。Aさんと被告の証言をもとに、ライターの松本浩美さんが概略を描いた。 〇質問に答えず、裁判長から何度も注意 主尋問では素直に答えてい…

証人尋問傍聴記(第7回)遮蔽板を設置、姿を隠して証言〜誘導尋問に終始、Aさんの主張をすべて否定

2021年11月17日、10回目の裁判期日を迎えたこの日、原告と被告の尋問が行われた。わずか7か月の間に何が起こったのか。Aさんと被告の証言をもとに、ライターの松本浩美さんが概略を描いた。 〇遮蔽板を設置。姿を隠して証言 20分の休憩を経て、16時5分再開、…

証人尋問傍聴記(第6回)補充尋問〜被害者を責めるような質問も

2021年11月17日、10回目の裁判期日を迎えたこの日、原告と被告の尋問が行われた。わずか7か月の間に何が起こったのか。Aさんと被告の証言をもとに、ライターの松本浩美さんが概略を描いた。 ●補充尋問〜被害者を責めるような質問も 尋問も終盤、裁判官による…

証人尋問傍聴記(第5回)反対尋問「セクハラを受けたときの大声をここで再現してください」

2021年11月17日、10回目の裁判期日を迎えたこの日、原告と被告の尋問が行われた。わずか7か月の間に何が起こったのか。Aさんと被告の証言をもとに、ライターの松本浩美さんが概略を描いた。 ●反対尋問〜「セクハラを受けたときの大声をここで再現してくださ…

証人尋問傍聴記(第4回)思い出したくないことを思い出している〜被害者が減ることを願って

11月17日、10回目の裁判期日を迎えたこの日、原告と被告の尋問が行われた。わずか7か月の間に何が起こったのか。Aさんと被告の証言をもとに、ライターの松本浩美さんが概略を描いた。 〇「思い出したくないことを思い出している」 セクハラについては、具体…

証人尋問傍聴記(第3回)1日8〜12時間ほぼ毎日記事を書く〜口座開設を指示され交通費1万円を渡される

2021年11月17日、10回目の裁判期日を迎えたこの日、原告と被告の尋問が行われた。わずか7か月の間に何が起こったのか。Aさんと被告の証言をもとに、ライターの松本浩美さんが概略を描いた。 〇1日8〜12時間、ほぼ毎日記事を書く 8月1日から仕事を開始。以後…

証人尋問傍聴記(第2回)セクハラを受ける〜専任のウェブ担当として業務委託契約へ

2021年11月17日、10回目の裁判期日を迎えたこの日、原告と被告の尋問が行われた。わずか7か月の間に何が起こったのか。Aさんと被告の証言をもとに、ライターの松本浩美さんが概略を描いた。 〇セクハラを受ける 記事執筆後もAさんは、被告から施術を受けた。…

証人尋問傍聴記(第1回)被告から「ビジネスパートナーになってほしい」と言われ

2021年11月17日、10回目の裁判期日を迎えたこの日、原告と被告の尋問が行われた。傍聴席は26席であったが、出版ネッツや出版労連等から46人が集まり、入れ替えて傍聴した。 私(松本浩美)は、初めてAさんの裁判を傍聴した。証言の最中は一言も聞き漏らすま…

11月17日、証人尋問が行われました

11月17日、東京地裁にてAさんの証人尋問が行われました。 46人の方が傍聴に駆けつけてくださいました。 御礼申し上げます。 傍聴席には26人しか入れず、途中で入れ替えをするという状況でした。 証人尋問は、13時15分から17時までの予定だったのですが、18時…

第9回口頭弁論傍聴記

※写真はイメージです 10月6日、フリーライターAさんが起こした裁判の第9回口頭弁論が開かれました。 前回の口頭弁論で被告側から陳述書と証人申請が提出されなかったため(代わりに出された上申書には、①9月22日に証拠申出を行わないこと、②原告・被告間の遮…

第8回口頭弁論を傍聴して

9月22日10時からの第8回口頭弁論を傍聴してきました。 今回が最後の口頭弁論で、次回は証人尋問だと聞いていたのですが、被告側からは本日〆切であるはずの人証申請も陳述書も提出されず、もう一度弁論期日を入れてほしいと希望してきました。 原告側弁護士…

第7回口頭弁論を傍聴して

7月14日、フリーライターAさんの第7回口頭弁論が開かれ、24名の方が傍聴に来てくれました。 実は、法廷に入るのは初めてです。女性裁判長、女性陪席裁判官(もう一人は男性)、そして女性司法研修生と、しかも若い方々なので、思わず「韓国ドラマ『リーガル…

オンライン勉強会 変えたい!セクハラ・パワハラを生み出すわたしたちの社会

2021年6月16日、フリーライターAさんの裁判を支援する会と出版労連・出版ネッツの主催のオンライン勉強会「セクハラ・パワハラ裁判と被害者心理」が開かれました。Aさんの裁判の弁護士のお2人と、ライター、ハラスメント実態調査に取り組んだ団体メンバー、…

第6回口頭弁論を傍聴して

5月19日、フリーライターAさんの第6回口頭弁論が開かれ、23名の方が傍聴に駆けつけてくれた。今回は原告側が準備書面4と書証を提出。準備書面は前回提出の積み残しで、症状の経過や、被告によるセクハラ・パワハラ行為と症状との因果関係についてである。 …

オンライン勉強会「セクハラ・パワハラ裁判と被害者心理」を開催します

フリーライターAさんの裁判では、性的被害を受けた後も“何事もなかったかのように”仕事を続けたことが争点の一つになっています。 被害を “なかったことにしよう”と考えたり“ (加害者の)機嫌を損ねないように ”対応したりすることはよくあることと言われま…

第5回口頭弁論を傍聴して〜被害者心理への理解を求めて準備書面提出

2021年3月24日、東京地裁708号法廷にて第5回口頭弁論が行われました。いつものように、原告側にはAさんと長谷川悠美・青龍美和子両弁護士、被告側は代理人の弁護士1人のみの出席です。傍聴席はAさんを支援する会のメンバーで満席。といっても座席1つおき…

第4回口頭弁論を傍聴して

Aさんとともに裁判を闘う長谷川弁護士(左)と青龍弁護士(右) 2月8日13時15分、東京地裁709号法廷にて第4回口頭弁論が開かれました。 この日は、被告から提出された準備書面の「陳述」と証拠の取り調べを行いました。といっても書面を読み上げるわけではな…

Aさんの裁判支援を呼びかける記事が掲載されました【メディア掲載】

「ふぇみん」2021年2月5日号にAさんの裁判支援を呼びかける記事が掲載されました。 2019年9月に日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)フリーランス連絡会など3団体が行った「フリーランスへのハラスメント調査」結果も、囲み記事で紹介されています。 紙面の…

2月8日、第4回口頭弁論が行われました

2月8日(月)、フリーライターAさんの第4回口頭弁論が開かれ、 28名の方が傍聴に駆けつけてくださいました。 心から御礼申し上げます。 また、法廷に入れなかった方には、おわび申し上げます。 今回は、被告側が書面で反論する番でしたが、 すでに原告側がLI…